設立の主旨

代表・吉川和良 挨拶
 

10年後に隆々と生き続けるために
貴社の【新しい事業立地】【ビジネスの型】【価格戦略】【財務戦略】【人事戦略】【社長としての生き方】を再構築するためのプログラムです。 

事業再構築プログラム!

少なくない経営者が、自社の戦略論を棚上げして、戦術や戦闘論に終始しているのではないでしょうか。隆々と企業経営を続けていくために、事業立地やビジネスの型、新しいルールの創造や新ルールへの早期の適合など、マーケティングやマネージメントの前に実施すべきことはたくさんあります。経営は百社百様ではありますが、それでも共通のルールは存在します。
それを知ることで大きく変わります。

 本倶楽部のストーリーに沿って 学び 実行 に移して行きませんか?

 

香川プロ経営者倶楽部

 

【当倶楽部】は、以下のような経営者のご参加を想定しています。

チェック項目 回答
 ① 自社の経営の新しい切り口・発想を探している
 ② 業績がさえない、もっと会社を良くしたい
 ③ 業績は良いが、もっと飛躍したい
 ④ 経営を原点に戻ってもう一度学びたい
 ⑤ 新しいメンターを探している
 ⑥ 幹部や後継者にも経営を学ばせたい
 ⑦ 志を同じくする新しい仲間を見つけたい

 ↑↑上記に一つでもあてはまる経営者様はご参加ください。 

  

  

 

【新しい事業立地】【ビジネスの型】【価格戦略】【財務戦略】【人事戦略】【社長としての生き方】
事業再構築プログラム!

 

当倶楽部で学んでいただく主な テーマ(課題は以下のとおりです。

課題
 A 
経営者が患う5大疾病の診断シート!
自分が患っている社長病の理解と対策!

経営者には、企業を大きくしたい、色々なことにチャレンジしたい、多くの人々を幸せにしてあげたい…このような願望を持っている人が多いです。また、これらの願望は事業を構築するためのエネルギーであり、経営者が本来持ち合わせておかねばならない重要な資質の一つです。

一方、この素晴らしい資質を持ち合わせているがゆえに、力不相応の事業拡大や他人に対する緩さ甘さが顕在化することがあります。多くの経営者が顕在化しています。これが経営者が患う5大疾病】の正体です。潜在的に持ち合わせていなければならない資質でありながら、顕在化させてはいけない事柄、このバランスを取り続けることは容易ではありません。生涯意識しながら、日々の判断に確実に反映させて行かねばなりません。

この前提で、自己診断を行ってください。
しっかり自覚することが重要です。

 

課題
B
事業立地とビジネスの型!自社事業立地見直しの方向性模索!


新しい事業立地の創造者=ルールメーカー
になってもらいたい。

さらに、正しいビジネスの型で世の中に浸透させて欲しいと思っています。

◆1:新しいルールを作り上げた企業は、
       ルールメーカーとして隆々と生きています。
◆2:誰かが作ったルールにいち早く適合した企業は、
       準ルールメーカーとしてうまく経営できています。
◆3:その他の企業は、昔から存在するルールに従う
       『ルールの適合者』です。
『ルールの適合者』は、そのマネージメントやマーケティングが相対的に優れている時にのみ、一定の規模と利益を享受できます。

優良企業や、特に新規上場を果たすような企業群は、そのほとんどが『ルールメーカー』又は『準ルールメーカー』です。ルールの適応範囲の大小にかかわらず、新しいルールを構築できた企業群に対して、世間は高い評価を与えます。それが高い利益率であり、高額な企業価値(時価総額)です。
※ここで言うルールとは、消費者に提供する新しい価値のことを指します。企業側から考えると、新しい事業立地を創造することです。今まで世の中に存在しなかった製品やサービスのことです。

企業経営の良し悪しは、そのマーケティングやマネージメントの上手下手の前に、事業立地の良し悪しで決まります。大半の企業は、大きな戦略論である事業立地の議論を放棄して、戦術論であるマーケティングやマネージメントの議論に終始しています。

本プログラムの受講者様には、上記のことを踏まえて、自社の事業立地・ビジネスの型をしっかり見直していただきたいと思っています。そして、ルールメーカーになっていただきたい。中小企業でも、小さなルールの創造者、『スモールルールメーカー』にはなれます。

 

課題
C
脱・繁盛貧乏!値決めと生きる世界、上?中?下?の確認!


安売り発想は、
企業経営に必要な価値の創造力を奪います。

安い値決めは、その客層を(上⇒中⇒下)引き下げてしまいます。生きる世界が悪くなります。売上至上主義は、その売上の質を落とします。薄利の売上、赤字の売上、トラブルを招きかねない粗悪な売上を作ってしまいます。分散症候群やお人好し症候群は、これらの原因の一つです。

少なくない中小企業が、忙しいのに利益が出ない(経済的に余裕がない)【繁盛貧乏状態】に陥っています。発想を転換してください。

【脱・安売り】と【脱・分散】、【脱・規模拡大至上主義】に徹してください。中位以上の顧客に対して、良質なサービス・商品を提供し、余力のある高収益企業を目指しましょう。

 

課題
D

経営者の仕事!日々の生活習慣!社長の生き方を正すために!


「事業を単に運営する経営者を企業家とは呼ばない」
シュンペーターのお言葉です。

経営者は管理者ではないのです。事業を創造し続けることが第一のミッションです。故に、経営者の仕事は週五日ではありません。365日8,760時間を分母にして生きることが求められます。寝ても覚めても、酒席でも、ゴルフをしながらでも、夢の中でも経営を考え続ける胆力がなければ、経営者としては大成しません。一方、上記のような生き方を継続するために、その健康・メンタルの維持も重要です。休息・余暇が必要なのです。

また、(中小企業)経営者は企業体の管理者としての役割もあります。(※大企業では経営と執行が分離されていますが。)

マネージメントに対して、正しい姿勢で臨まねばなりません。その発言や行動から、甘さや緩さを極力排除していかねばなりません。心に一匹の鬼を忍ばせて臨むことがコツです。

中小企業においては、その経営の良し悪しは「100%」経営者一人の力に起因します。「99%」ではなく「100%」です。肝に銘じてください。

経営者の仕事、生き方…再度ご確認ください。改めるべきことは改めてください。

 

課題
E

人事の要諦、3つの最適化の確認!と働き方改革について!


中小企業経営者の人事に関する悩みの過半は、
本来存在しない悩みです。

悩んでも仕方ない悩み、無いものネダリの悩みです。達観すべきです。力不相応な優秀な人材が採用できない、(一定の比率で)退職していく、等々です。良い人材がいるから良い会社になるのではなく、良い会社になったから良い人材が入社してくるのです。人は概ね変化を嫌い、変わりません。人は一定の比率で退職します。人それぞれに価値観が違い、それぞれの人生が存在するからです。それでいいのです。仕方ありません。

一方、人事に関して経営者が必ず実施しなければならないことがあります。それは人事に関する3つの最適化です。極端に採用できない、退職率が高い会社は、これができていません。今すぐ対策を講じてください。

 

課題

F

お金に困らない経営!雨傘理論ではなく日傘理論で!


資金が枯渇した時、その企業は破綻します。

その他の問題は、資金があれば、その資金でつなげる期間に解決を模索できます。人・モノ・金、すべて重要なのは言うまでもありませんが、ここではあえてお金の重要性について言及します。

「全く問題ないぐらいに資金が潤沢にある」レベルに到達するまでは、とにかく手元資金を潤沢に持ってください。自己資金である方が当然良いですが、そうでなければ金融機関からの借入れを最大限活用してください。そのためには、「雨傘理論」ではなく「日傘理論」で、「借り手の論理」ではなく「貸し手の論理」に適合してください。

中小企業にも財務戦略は必要です。いや、中小企業こそ財務戦略が重要です。お金との関わり方、金融機関とのお付き合いの仕方・考え方についてご提案しています。確実に実行してください。

 

 

【新しい事業立地】【ビジネスの型】【価格戦略】【財務戦略】【人事戦略】【社長としての生き方】
事業再構築プログラム!

 

【当倶楽部】の構成について

 

音声講座 詳しくはこちらから                               

【研究会講座のスケジュール】 詳しくはこちらから

 

研究会講座について

 

  講座タイトル と 概要  事前受講関連講座
SP経営
eラーニング
講座A 経営者が患う5大疾病の自己診断!
自分が患っている社長病の理解と対策!
分散症候群、安売り症候群…とは?

貴社の経営は、本当はもっと、もっと…うまく行くはずです。何かが間違えています。原因(疾病)を探して治癒しましょう。

講座1
講座3
講座B

事業立地とビジネスの型!自社事業立地見直しの方向性模索!

経営は、一にも二にも三にも【事業立地】と【ビジネスの型】で決まります。自社にあてはめて見直しましょう。

講座 2
講座19
講座27
講座29
講座30
講座C

脱・繁盛貧乏!
値決めと生きる世界、上?中?下?の確認!

「値決めは経営の要諦です。」(稲盛和夫氏)
価格を売るための道具に使ってはいけません。値決めは生きる世界を自ら決めています。

講座 4
講座14
講座23
講座28

講座D

経営者の仕事!日々の生活習慣!
社長の生き方を正すために!

経営者の仕事は、将来のために考え・動くこと、これしかありません。日々のルーチンワークが経営者の仕事ではありません。

講座 5
講座 6
講座13
講座15
講座17
講座25

講座E

人事の要諦、
3つの最適化の確認!と働き方改革について!

人事がうまくいかないのは、【能力】=【報酬】=【与える業務】、この三つのミスマッチです。また、力不相応の優秀な社員の雇用を求めない、無いものをねだらないことも重要です。

講座10
講座16
講座F

お金に困らない経営!
デッドファイナンスとエクイティーファイナンス

金融機関は【貸し手の都合】で、【日傘理論】で対応してください。併せて、エクイティ-ファイナンスも理解してください。

講座 9
講座20

【研究会講座のスケジュール】 詳しくはこちらから

 

 

費用(消費税は別途必要です。)

 

入会金 5万円(税別)
  【企業価値向上プログラム】〔SP経営総合診断書〕購入費用含む

    ※今申込みの企業様は5万円⇒無料です。

月額会費 12,000円(税別)
  【SP経営eラーニング】〔オンライン講義〕受講費用含む

    ※会員様の研究会参加費用は無料!自由にご参加ください。

 

 

 

 

【当倶楽部】のサポートメンバー

 

吉川和良  □代表税理士

神戸商科大学卒業後、一般企業に営業職として就職。企業の経営者が語る熱いビジョンに感銘を受け、自身も経営に携われる仕事をしたいと一念発起し、平成15年に会計事務所入所。会計事務所の強みである「数字」を最大限生かすため、財務コンサルティング事業を立ち上げる。またメガバンクへ出向し、金融機関目線での経営について学ぶ。

平成24年4月に「企業が攻めに転じる時に必要とされる専門家集団の形成」をビジョンに吉川和良税理士事務所を設立し、「財務をゼロから一緒に勉強する」スタンスを徹底している。

 

 

溝渕 眞美子  □税理士   

龍谷大学大学院修士課程修了。在学中より生涯続けられる仕事を、と税理士を目指す。杉田公認会計士事務所(現税理士法人KTKYパートナーズ)入所後、大前香税理士事務所、吉川和良税理士事務所にて勤務。平成19年税理士登録。会計・税務業務だけでなく、財務支援・経営支援ができる「新税理士」として活躍中。

 

 

伊丹 絵里  

関西学院大学卒業。大学で会計学を学んだことをきっかけに、経営に興味を持つ。様々な業種の経営に携わり、地元である香川県の活性化に繋がる仕事がしたいと、銀行の総合職としてUターンを決意。その後、法人営業をする中で、融資にとどまらず、より企業に寄り添ったサポートをしたいとの思いが強くなり、平成30年4月、吉川和良税理士事務所へ入所。

 

 

 

㈱GPC-Tax〔銀行融資プランナー協会・SP経営協会代表〕

田中 英司  □顧問・研究会のメイン講師 

同志社大学工学部卒業。ダイハツ工業株式会社のエンジニアを経て株式会社船井総合研究所に転職。同社の経営コンサルタントを経て独立。その後、ビービ―ネット株式会社を設立、2002年に大阪証券取引所・ナスダック市場に上場(現ジャスダック)。時価総額300億円強、売上200億円強のグループ企業を構築。2007年11月30日に同社を辞任。現在は税理士事務所支援、株式会社GPC-Tax代表、銀行融資プランナー協会代表理事、SP経営協会の代表に就任。 


◆過去に創業者として自らが経験した事業一覧
製菓・製パン業界向けコンサルタント事業、製菓・製パン業界向け店舗企画・設計事業(約300店舗)、製菓・製パン業界向けネット通販事業(B2B分野)、WEBシステムの開発と販売(当時最先端のB2B・WEBシステムを約400社@2,500万円販売)、投資事業(延べ380社に累計100億円投資)、菓子製造業の経営(M&A、事業再生でスタート)、FC加盟店開発事業の経営(M&Aでスタート、サンマルク社等の加盟店開発を行う)、人材紹介・派遣業の経営(IT人材)、ポイントカード事業の経営(事業再生で再構築)、飲食業の経営(M&Aでスタート、15店舗・約20億円)、ノンバンク会社の設立・経営、証券会社の設立・経営、青果卸売市場の経営(M&Aでスタート)…等々

 

【香川プロ経営者倶楽部】
入会申込はこちらから!

プロ経営者倶楽部へのお問い合わせについて

お電話でのお問い合わせ
087-873-2404
下記フォームもご利用いただけます。

【香川プロ経営者倶楽部】入会のお申込み

※ 半角カタカナの使用はできませんのでご注意ください。
* 印の項目は必須項目となりますので、必ず入力してください。

*貴社名
(必須)(全角)(例:株式会社船場)
*貴社所在地
(必須)(全角)(例:大阪市中央区船場中央1-4-3船場センタービル3号館2F)
*ご担当者役職 氏名
(必須)(全角)(例:船場太郎)
役職
(必須)(全角)(例:経理部長)
ご連絡先 *お電話番号
(必須)(半角数字)(例:00-0000-0000)
FAX番号
(半角数字)(例:00-0000-0000)
*ご連絡先メールアドレス
(必須)(半角)(例:abcde@kagawa-zaimushien.com)
備考欄

このページの先頭へ